査定が重要

借地権の売買の交渉をする場合、第一候補は地主になる可能性が高いです。もし借地権が必要なくなったので売却したければ、地主に売却したい旨を伝えましょう。この時いくらで売却するかという話し合いをしていく形になります。一般的に借地権の売却価格は、更地の70%といわれています。しかしどのような土地であっても一律70%で売る必要もありません。

きちんと調査せず、根拠もなく希望する売却金額を提示すると、地主の感情を損ねる恐れもあります。「こんな価格を持ちかけてくるとは、ふざけるな!」ということになりかねません。せっかくこれまで地主といい関係を築いてきても、売買トラブルで一気に信頼関係が崩れる事例も決して珍しくありません。ですから売買交渉をする場合、売却金額など慎重に検討する必要があります。

そこで借地権の売却を検討しているのであれば、プロの査定を受けることが大事です。借地権売買について精通している不動産会社や不動産鑑定士、弁護士に相談すれば、実際に売れる価格をアドバイスしてくれます。不動産会社であれば、どこでも借地権のことを分かっていると思う人もいるかもしれません。しかし借地権売買の実績に乏しいところだと、借地権について勘違いをして的外れなアドバイスをされることもありますので、借地権に精通している専門家に相談するようにしましょう。

関連リンク>>>地権の売買相談-ピタットハウス