地主の同意が前提

借地権はその名の通りで「土地を借りる権利」のことです。あくまでも土地は借主のものではなく、地主のものです。そこで借地権の売買をする場合、地主に無断で取引をすることは絶対にダメです。借地権売買のルールの中でも、地主の承諾が絶対的な条件であると明記されています。

ですから借地権が必要なくなって、売却しようと思っているのであれば、まずは地主にその旨を相談することが第一です。地主によっては「ほかのだれかに借地権を譲渡するくらいなら、自分が土地を使うから返還してほしい」といってくる場合もあり得ます。そうなった場合には借地権の売却ではなく、買い戻しの交渉を進めることになるでしょう。

借地権の売買について地主が同意した場合、そのことを文書として残すことが大事です。もし口頭でOKをもらっていたとしても、買主が見つかって売買契約しようと思ったら「承諾料を出せ」や「地代が変わった」などといってくる可能性があります。その結果、想定を超える金額をねん出しなければならなくなるかもしれません。そのほかにも売買契約を交わす際に、特約として「借地譲渡承諾書を地主から得られない場合、契約を白紙に戻し、手付金を買主に対して即時返還し違約金は発生しない」という一文を書いておきましょう。