借地権の売買をしたい

マイホームなど建物の所有者の中には、土地は借り物というケースも決して珍しくありません。このような土地を借りている場合、借主は借地権を持っています。借地権とは、第三者の土地を借主が一定の条件の下で使用できる権利のことです。第三者とは具体的には地主のことで、借地権の契約を結ぶことでその土地を借主は自由に使用できます。借地権のある建物に、自分の建物を建設することも可能です。ただし土地は借り物ですから、地主に対して地代を支払わないといけません。

この借地権ですが、借主が時として必要なくなるケースも出てくるでしょう。例えばマイホームを建設したはいいけれども、転勤など遠方に引っ越すことになって、その土地を引き払わないといけなくなることもあるかもしれません。そのほかには借地権を所有している人が亡くなって、例えばその子供が相続したとします。借地権も亡くなった人の財産の一部なので、相続されます。ところがその子供はすでにマイホームを所有している、生活拠点が遠方なのでその土地は必要ないというケースも出てくる可能性はあります。

このような場合、借地権の契約期間がまだ残っていても借地権を手放したいと思うでしょう。このような場合、借地権を売買することはできるのでしょうか?借地権を売買することは可能ですが、あくまでも土地の所有者ではないので売却するにあたって注意すべきポイントがいくつかあります。ここでは借地権売買にあたっての注意点をいくつか紹介します。